So-net無料ブログ作成
検索選択

with the painkiller(芸術篇) [その他]



先日の続き。父と運転交代して、吉備路のれんげか大原美術館か?でひとしきり迷った末、後者をチョイス。
大原美術館は5/9まで春の有隣荘特別公開「ヤノベケンジ幻燈夜会(ファンタスマゴリア)」開催中だった。

時間的に回れるかどうか訊ねて、本館(分館・工芸・東洋館含む)+児島虎次郎記念館(オリエント館含む)+有隣荘共通割引パスポート1800円×2。
一応事前にネット割引アンケートらしきものを書いて来たんだけど
「もうかなりお得なチケットでございますので、こちらは使えないんです」
と言われて恥ずかしい思いをする。本館のみ、という回り方をすることも少なく、今迄使えた試しがない。学習能力ゼロ。

早く閉まる有隣荘からスタート。建物自体、年二回の公開時でないと入れないので初めて。
モダンな洋間もあるけど基本和風。磨き込まれた廊下にガラス。古き良き趣に浸る。
さて、ヤノベ氏と言えば『トらやん』。とにかく建物内のあっちゃこっちゃにいる。


↑看板(マッキーブログ読まれている方はそちらでも御存知かも)。

最初の展示室で説明ビデオがちっこい画面で手動(リモコン)でリピート再生されているのをまず観てみる。
映像制作は彼のメインのアートワークじゃないんだろうけど、若干冗長(狙いかなぁ…)。
見た目のユーモラスな感じとはウラハラに、チェルノブイリ原発事故や原爆などと絡めたテーマだそうで、それを作者のお父様がトらやん片手に関西弁の腹話術で語る。
字幕は英語。『欽ドン!』的笑い声入り。しかも後方にもトらやんがいて、定期的にウィーン、とモーターで動くので音が聴き取りづらかった…。
観ているうちに、元々のpopな印象がいろんな方面に拡散。
二階の部屋には親指大からヒトくらいまで大小様々のトらやんがどわーっ、といて壮観。
お年を召した奥様が、学芸員女子に
「これはいくつくらいあるん?」とか「まあ~、スゴいねぇ」とか熱心に話しかけている。

父にはトらやんの世界観は「?」だった様子(翌日になって「なんかアレは後から来るな」とも言っていたけど)。
私も、トらやんのヴィジュアルだけ見ていた時は面白い気がしていたものの、細かいシリアスな設定を聞くと、ちょっとうーん…と。
やっぱ芸術の補足は微妙だなぁと思いつつ、作りの細かさとか、スケッチなどに、より「トらやん、伝えたいねや!」を感じた。
冒頭写真は、有隣荘を外から見たところ。よーく見ると、二階の真ん中あたりからトらやんと龍が覗いていたりする。
(「トラやん」とツイートしまくってたけど、よく見たら「トらやん」でした)

大原美術館、続けて本館。


↑お馴染み、ロダンの『カレーの市民』がお出迎え。
さすがにもう何度も来たので、入口の児島虎次郎も含め、「ああ、久し振り、元気にしてた?」と話しかけたくなる絵も多い。
今回はムンクの『骸骨の腕のある自画像』『病める子』に強い印象を持った。
(これもツイート時点ではうろ覚えでバーッと書いててタイトル微妙に違ってました。併せてお詫びして訂正致します)
多分初めて観た…と思う。モノクロの版画で、立ち去り難い暗さに惹きつけられる。

我々以外の客は老夫婦が多い。仲良さそうに話されていてほのぼの。
モネの『睡蓮』の前で
「こりゃ有名なやつじゃ」とご主人。
「同じのが何個かあるんじゃ言うなぁ」と奥様。
「おお、なんぼでもある。」
なんぼでもはないでしょに、と笑いそうにもなりつつ、私は憂鬱を引き摺っており、考え事をしていてボーッとなってしまい(ピカソの『鳥籠』を見て「ウーロン…?」としばし悩むなど)、父にヤイヤイ言われながら分館へダッシュ。

分館の目当ては山口晃氏の『倉敷金刀比羅図』(瀬戸大橋周辺を俯瞰で描いた絵)で、猫まっしぐら的に覚えのある方向へ馳せ参じたんだけど見当たらず。
学芸員(多分)の男性に尋ねたら
「今、収蔵庫ですね…。そろそろまた出るかと思いますが。おいでになる際に確認頂ければ確実です」
と。んー残念。ちなみに、5年前の有隣荘春の特別公開が「会田誠・小沢剛・山口晃」だったそうで、その時の出品作。
この時点で既に16時を回っていて、閉館は17時。
少し離れた児島虎次郎記念館へ速足で向かう。

児島虎次郎記念館は、大原を出て倉敷川を渡り、お土産店などの小路を抜け、アイビースクエアの敷地に入ってすぐ左手の奥まったところにある。
蔦も今がとても美しい季節で、新緑の中を歩くと少し気持ちが晴れる。
児島虎次郎氏は岡山の画家で、実業家・大原孫三郎氏に美術館の作品買付を任された人物(これは是非買うべきです、と児島氏が洋行先から一本手紙を書けば、有名無名を問わず、大原氏はすぐ手付金を用立てたとか)。
女性を多く描いていて、ひとの表情に漂うそれぞれのモデルの善良な温かみにいつもホッとする。『奈良公園』も久々だな…。

ここで父とはぐれ(何故だ…)、隣のオリエント館に行って
「連れが入ってるかもしれないんですが…」と受付の女性に尋ねる。
「どうぞ、入ってお探しになって下さって結構ですよ」
ざっと見るが見当たらない。
「どういう感じの方ですか、女性の方で?」
「いえ、あの、60くらいの男性なんですが」
オリエント館の受付の方が虎次郎館の方へ戻って行って、防犯モニターを見ながら
「ああ、この方じゃない?こっちも探されよるような」と招く。
小さい画面の中で、帽子を被った父がゆらゆら階段を下りている。ビンゴ。
「あ、ありがとうございます。」
焦りつつ合流。しかし、ああいう風に常に見られているわけだな…。
再度オリエント館へ(父が入場券二枚とも持っているので、一人でこっちに入りはしないか、と後で気付く)。
「先程はどうもお騒がせしました…」とまたペコペコ。
水差しとか鉢とか矢じりとか、遺跡から出て来た系がいっぱいあるんだけど、時間切れでざーっと通過しただけ。高村光太郎の「腕」はここだったかな?
父は
「後半の方が面白かったわ。」
よく訊くと、本館以外は来たことがなかったそうでビックリ。ちっくと待ってつかあさい、おんしは何年岡山に住んどるがじゃ(つい人気の土佐弁)、もとい、ちょー待たれぇ、おんしゃー何年岡山ぁ住んどんでぇ。
私がトロいせいで駆け足になってしまったな…。

今日はこのあたりで。次回は食べ物系など。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。