So-net無料ブログ作成

ねぎだく稲庭うどんvsジジラ [COOK]

20110410自炊材料.jpg
先日の花見のあとに、ハラヘッタ怪獣(=父)を引きずりつつイトヨでお買いもの。
その時は、被災地のものを買いたい気分だったんです。気休めだな。
イトヨでそういう取り組みがあるとの報道もあったのですが、準備したレタスは即完売だったそう。
東北の生鮮青物って、震災関係なく元々西にはルートがないのか、他でもまったく見当たりませんでした。

ま、いっか、と地元の生シイタケと人参買って(そうめんにでも載せるかな、と)、乾麵コーナーへ。
うどんとか別の麺は、と訊くと父曰く
「こういうの硬いんよ、なかなか茹だらんで大変なんよ」
出たな、カバチタレ怪獣。
このひとは不養生で歯が悪い。おかずでもしっかり火が通って柔らかいものが好き。
ラーメンは豚骨味噌が駄目、蕎麦は好まず、硬いあんかけパリパリ麺もパスタも食べない。
そうめんとうどんは好き。これもつゆは醤油系。うどんはぺらっとしたのが好き。
結局一番好きなのはカップ麺だったりする。今はちょっと確保に苦戦。

ついでに納豆も鶏も豚も内臓系も食べない。絹さやのスジも、かなり神経質に取っておいても更に残す。
魚は白いところだけ。皮と血合いは私に御下賜が。
そなた様は一体どこの殿であらせられるのか…。
父の母方を遡りまくると蜂須賀小六だかその家来だかに行くとか行かないとか眉唾な話も聞いた。
現代では殿さま食いという名の偏食のみ継承、その面影を残し…とるわけなかろうが!
母はここまでじゃないけど、キムチとか唐辛子系の辛い物とパスタと蒲鉾は苦手。刺身もあんまり。

うんがー、と脳内で言いつつ棚を見ていて、
「あ、稲庭うどんはええんじゃないん、3分でええって書いとるし」
ざっくり北だし、当初の目的も若干は果たせるかも。
「ほんまかな、ほんなら、しいたけと人参甘辛う炊いてん」
「あー、つゆで食べる?ほんなら万能ねぎと生姜と」
バック・トゥ・ザ・野菜売り場、計画性皆無の父子。

あまりといえばあまりなので、出汁はとってみることに。
レシピはCOOKPADのしいたけの照り煮を参考に。

-------------------------------------------------------------------------
 【材料】
  しいたけ………… 6個
  だし汁…………100ml
  酒……………大1 1/2
  砂糖………………大2
  しょうゆ……………大2
  みりん…………… 大2

  ※これに小ぶり人参1本足し
   調味料は目分量でちょい増し

大きさを揃えて細切り、煮汁をひと煮立ち、しいたけと人参を入れて蓋をして弱火でぐつぐつ。
煮汁が1/3になるまで煮て火を止める。
-------------------------------------------------------------------------
20110410自炊途中.JPG

レシピに直リンク貼れないのでざっくり引用。ごめんして。

結局調味料のちょい足し加減が微妙に多かったらしく、水分が飛ばず完成。
浸かった状態で出汁が勿体ない事に。
で、具を引き上げた後、思い付きで生卵を投入して、浮いて来たところを菜箸でちゃかちゃかーっと掻き回し。
なんでしょ、つゆだく炒り卵?
こいつらを小鉢で添えて三つ葉をポン、茹であがった稲庭うどんにはこれでもかと万能ねぎを小口切りに。

*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`

 【お品書き】
 冷やし稲庭うどん(薬味:万能ねぎ、土生姜)
 しいたけ人参甘辛炊き合わせトロトロ玉子添え小鉢
 冷や奴(薬味:土生姜)←一時間後の帰宅中、父が鰹節忘れたぁ、と。今?

*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`*`

20110410自炊食卓.JPG

出来上がり。
私は包丁握るとしばらく手がブルブルする(切り裂きジャックだった若かりし頃の闇の記憶が…)。
写真撮れなくて父に代行してもらった。
iPhoneでこの向きに撮ったの久々に見た…。なんか角度がキモチワルくて任意回転したけどやっぱヘンだ。

父曰く
「食べやすい、柔らこうて美味しい。味もええわ。この玉子、どうやってするん?」
なんだべしその老いぼれ発言…。急場しのぎの添え物さフィーチャーすっでねぇ。
を飲み込みつつ、ズルズルッ。うまいなー、稲庭うどんfrom秋田。上品。
そのうち、なんかちとからいかも、となってきて、父曰く
「あっ、そのつゆ、二倍濃縮じゃったわ!」
「なんじゃとぉー?」

無事には終わらない食卓なのでした。おそまつ。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。