So-net無料ブログ作成

雨のむりくりにゅうめん [COOK]



ちょっとご無沙汰してました。
音楽やら外食やら、ちょこちょこネタは溜まりつつ、とっかかれなかったり、ネタバレしたくなかったり。
10月末に個人で参加したイベントについて長いエントリを書きかけて、こ、こりゃしんどい…となったので、その日に作った手抜きゴハンでお茶を濁すことに(この喩えは違うのか)。

【賄い見習いにゅうめん】


 材料:夏の残りそうめん・干ししいたけ・乾燥わかめ・卵
     おろししょうが・花鰹

 1)干ししいたけを軽く洗って戻し、戻し汁とともに
  火にかける。
 2)市販のめんつゆ、醤油、みりん、砂糖、塩をあれこれ
  して適当につゆを作る。
 3)そうめんを茹で始める。2分。なんとなく水でしめる。
 4)つゆに乾燥わかめを適当に入れ、酒を入れた
  とき卵を回し入れる。
 (卵が細かくならんかな、と網じゃくしをかましたりして
 収拾が付かなくなる)
 5)先に片栗粉でとろみをつけるべきであったと頭を抱える。

 6)丼にそうめんを先に盛り、上からつゆをかける。
 7)花鰹をかけ、おろししょうがを載せて出来上がり。
  お好みで七味を。


父のハラは減ったが買い物に行く時間がないし、本日どしゃぶりにつき、という状況説明(言い訳)をば。
ほぼ乾物と冷蔵庫の残り物で作れるという意味ではよい。
やっぱ万能ねぎの小口切りあたりは欲しい、色彩的に。
茹でた葉物冷凍常備か…。って、それが定期的に出来るなら違うもの作るかな。深遠なる家庭の事情が(泣)

反省点としては、麺の茹であがりとつゆの出来るタイミングが微妙に合わず、卵の柔らかさを優先した結果(イマイチそうは見えないけど)少しぬるかった…。そもそも麺を水でしめなくていいのか。
猫舌の父曰く味はまあまあ、ちょっと甘めかな、との事。
花鰹は、見た目がさみしくなりそうなので後載せしたけど、先に出汁取って上げちゃってもよさそうです。
皆さんもお試しあれ(こんなアヤフヤな説明で試せるかっ)。

ちなみに『きょうの料理』のお手本はこちら
調味料、あれこれ入れんで良かったのね…。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。